目の下のしわは老化のサイン

私達は年齢を重ねると、一つ一つの肌細胞に含まれている水分量が減ってしまうため、肌は乾燥しやすくなります。

 

目の下のくぼみ 

 

また、弾力細胞なども減少するので一つ一つの細胞にハリや弾力がなくなってしまいますよね。

 

これらの相乗効果によって肌にシワができてしまうわけですが、肌のシワは皮膚が薄くて皮脂分泌が活発ではない部分に起こりやすく、目元もそんなシワができやすい部位の一つと言えるでしょう。

 

目元にしわができたということは、目の周辺の皮膚が乾燥していて、ハリや弾力が失われているというサインです。

 

つまり、肌がたるみやすい条件がそろっているということになります。

 

小じわやちりめんじわだから目立たないと思って放置してしまうと、しわはどんどん皮膚のたるみへと変化して、次第に目の下がくぼみになってしまう可能性は決して低くありません。

 

目の下のくぼみ 

 

下まぶたがたるんでいたりくぼんでいる人の多くは、若い時からそうした状態だったわけではありません。

 

若い時からやせ型の体型の人なら、皮下脂肪が少ないために目元がくぼんでしまうということはありますが、年齢を重ねたことで目の下がくぼんできたという人の多くは、老化による肌のたるみが原因の一つとなっていることが多いですね。

しわを早期ケアすることで目の下のくぼみも予防

目の下にシワができたら、放置せずに早い段階でケアをすることが、長期的にはくぼみ予防にもつながります。

 

それまで全くしわがなかった人が、ある日突然深いしわがくっきりできてしまうということはありません。

 

目の下のくぼみ 

 

全てのシワは、少しずつ小さくて浅く、目立たないものがどんどん進行して、深くてくっきりとした溝のようなシワへと成長していくのです。

 

下まぶたの場合、くっきりとした溝のようなシワにはならず、皮膚が下がってくぼみやクマとなってしまう事が大半なので、見た目は一気に老けてしまう事は言うまでもありません。

 

わずかなしわを見つけても、すぐにアイクリームとか化粧水、美容液などを工夫して、しわを改善するための策を講じてくださいね。

 

現在シワがある人はもちろんですが、まだない人でも毎日のお手入れでシワケアをすることによって、目元にくぼみができにくい肌質を手に入れることができるでしょう。