そのトラブルはクマ?それとも目の下のくぼみ?

目元は鏡を見た時に自分で最も普段との違いに気づきやすい部分ですし、他人とコミュニケーションをとる時にも、他人からよく見られている部分です。

 

目の下のくぼみ 

 

そのため、目元のトラブルは早期発見しやすいことが多いですね。

 

目元のトラブルには、目の下のくぼみ以外にもドンヨリとくすんでしまうなどの症状がありますが、どちらも見た目がよく似ているため、違いがはっきり分からないという人は意外と多いものです。

 

目の下のクマは、疲れや睡眠不足などで血行不良が原因の場合には、青黒い感じのものができ、摩擦や刺激によるシミのような色素沈着の場合だと、茶色っぽい感じになります。

 

また、年齢によって皮膚が垂れてくると、下まぶたに影ができてしまい、黒い影となって現れることもあります。

 

一方、くぼみの場合にはパッと見ると目の下に影ができているように見えるため、影なのかなと勘違いする人は多いのですが、くぼみの場合には皮膚が垂れるという原因だけではなく、他にも目の周りの皮下脂肪が落ちてしまったとか、表情筋の筋力低下など、たくさんの原因があります。

 

目の下のクマ 

 

そのため、下まぶたの辺りが黒っぽい影を作っていたら、それはどちらなのかを正確に見極めると同時に、何が理由で起こっているのかも追求することが、早期対策につながります。

クマから目の下のくぼみになることはあります

クマとくぼみには切っても切り離せない大きな関係があります。

 

それは、皮膚のたるみが原因で黒いクマができてしまった場合、慢性化することによってくぼみへと変わることがあるということです。

 

目の下のくぼみ 

 

どちらも、老化による皮膚のたるみが原因で起こる症状なのですが、黒っぽい影ができているということは皮膚がたるんでいるということなので、その段階で早期対策を講じないと、症状がどんどん進行しますし、年齢を重ねることによって目の周辺の皮下脂肪が落ちてしまうので、くぼんだ雰囲気の目元となってしまうのです。

 

もしも下まぶたの辺りにファンデーションを塗っても消えない黒っぽい影があるなと思ったら、アイクリームを塗ったり表情筋トレーニングをして表情筋を鍛えるなどして、皮膚と筋肉の老化を早い段階でストップさせたいものです。