老化減少でなぜ目の下がくぼむのか?

人間は誰でも遅かれ早かれ体のあらゆる部分が老化するものです。

目の下のくぼみ 

皮膚や筋肉についても、普段からお手入れしたりトレーニングをしていても、老化に勝つことはできません。

 

もちろん、スキンケアで皮膚をベストな状態で維持していたり、トレーニングをして筋量を維持したりしていれば、老化を遅くすることは可能ですが、老化をとめることは誰にもできません

 

顔の皮膚を支えているのはすぐ下で皮膚を支えている表情筋なのですが、この表情筋が老化によって筋力低下すると、皮膚を支える力が弱くなってしまうために、皮膚が全体的に下に垂れてしまいます。

 

眼の周辺の皮膚は薄くて筋肉の影響を受けやすいという特徴があるため、表情筋の低下によって皮膚が下に垂れてしまい、それが目の下にくぼみを作る原因となってしまうのです。

 

また、年齢を重ねることによって顔の脂肪が少しずつ取れていきます。

 

こちらも老化現象の一つなのですが、この二つの症状によって、年齢を重ねると目の下がくぼんで見えやすくなってしまうというわけですね。

 

目の下のくぼみ 

 

表情筋を鍛えることによって、皮膚が下がってしまうのを予防したり軽減することはできますし、それによってくぼみもある程度改善できます。

 

老化をストップすることは出来なくても、普段の工夫次第で、たるみにくい肌質や表情筋を作ることは可能ですし、メイクを落としてスッピンになってもくぼみが出現しない肌質を手に入れることができますよね。

目の下がくぼまないようにするトレーニングは意外と簡単

筋肉低下による目の下のくぼみを予防するためには、普段から表情筋をトレーニングすることが必要です。

 

口を大きく開けて顔の筋肉をすべて使うようなつもりで、ゆっくりと「あえいおう」と発音してみてください。

 

目の下のくぼみ 

 

何回か繰り返しているうちに、表情筋が疲れてくるはずです。

 

これが、表情筋トレーニングです。

 

顔の筋肉を鍛えるためには、スポーツジムなどに行く必要は全くなく、自宅で簡単に鍛えることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

続けることによって、筋量低下によるくぼみが起こりにくい肌質を手に入れることができますし、すでにくぼんでいる目元でも、症状を軽減する効果も期待できますよ。