目の下がくぼむと見た目の印象が老けてしまう

ふと鏡を見ると、目の下がくぼんだように見えてしまう事はよくあるものです。

 

目の下のくぼみ 

 

目の周辺は皮膚が薄く、血行が悪くなると皮膚を通してどす黒い血管が透けて見えてしまいやすい部分でもあるため、健康状態が肌に現れやすい部位ともいます。

 

いくら目力アップのアイメイクをしていても、目の下にくぼみができているのでは、若々しい印象を与えることはできませんし、見た目が老けて見えてしまうので嫌ですよね。

 

こうした悩みを改善するためには、まずはどんな原因で目の下がくぼんでしまうのかを理解することが必要となります。

目の下がくぼむ原因は一つだけではありません

下まぶたの辺りがくっきりとくぼんでしまった時には、自分の生活習慣で変わったことがなかったかをまず思い出してみることから始めましょう。

 

目の下のくぼみ 

 

特に、普段はくぼんでしまう事はないのに、今日だけくぼんだように見えるという時には、何か思い当たる節があるものです。

 

例えば、なかなか寝付けずに寝不足だったり、しっかり眠ったつもりでも疲れが取れていなかったりなど、睡眠とまぶたのくぼみが関係していることはとても多いですね。

 

もしも可能なら、少し時間を取って仮眠をとるだけでも、こうした症状を軽減することは可能ですし、睡眠不足や睡眠の質が良くないことが原因の場合には、その日の夜には早めに就寝してグッスリ熟睡することによって、気になるくぼみを改善することも可能です。

 

睡眠が原因の場合なら、グッスリ眠れば体内の新陳代謝によって血行が良くなるので、くぼんで見える症状がスッキリ改善できることは多いのですが、もしも慢性的に睡眠不足が続いていたりすると、毎日目元がドンヨリとくぼんでしまうことはあります。

 

目の下のくぼみ 

 

ただし、まぶたのくぼんだ症状は、必ずしも睡眠が原因となっているわけではないため、慢性的にくぼんでいる場合には、他の原因も模索することが必要ですね。

 

どのような原因でも、素早く改善するためには原因を突き止めることが得策です。

 

また原因を知れば、目元がくぼんでしまわないように予防策を講じることもできるでしょう。

 

まずは寝不足や睡眠の質を疑ってみて、そこから他の原因も思い当たる節がないかを考えてみましょう。