親の目がくぼみやすかったら自分も?体質は遺伝するかも!

身長が高い親から生まれた子は身長が高くなりやすかったり、IQが高い親から生まれた子供もまた高いIQを持ちやすいなど、親から子供に遺伝する要素はたくさんあります。

 

目の下のくぼみ 

 

体質やかかりやすい疾患なども遺伝的な要素を持つものは多く、食べても太りにくい体質とか、小食でも太りやすい体質なども、遺伝しやすい要素と言えるでしょう。

 

疲れると目の下がくぼむという症状は、人によっては親から子供に受け継がれている要素だと考えることができる場合があります。

 

人と同じように食事をしていても、極度に痩せている体型の人は、顔に脂肪がつきにくい傾向があります。

 

こうした体型は親から遺伝することが多いので、もしも自分の親が目の下にくぼみを作りやすい人だとしたら、自分も状況によっては目の周辺にそうしたトラブルを抱えやすくなってしまう可能性はありますね。
 

目の下のくぽみ 

 

ただし、血行不良とか眼精疲労などが原因の場合には、遺伝的な要素は全く関係ありません。

 

生まれつき目の下がくぼみやすい体質というのは、顔が痩せていて目の周辺にも脂肪が十分についていないために、くぼんで見えやすい人のみに適用されます。

目の下のくぼみが生まれつきだとしたら、どうすればよいの?

生まれついての体型でも、食生活を見直すことによってある程度改善できることはあります。

 

目の下のくぼみ 

 

親子で体質や体型がよく似る理由には、もちろんDNAの要素はありますが、それ以外に普段の生活における習慣や、毎日どんな食生活をしているのかという点も関係しています。

 

親子だと普段同じような食生活をしていることが多いため、低脂肪の食生活が中心で極度のやせ型になっているという可能性はありますね。

 

もしも食生活を少しだけ見直して、脂肪を取るように努めてみると、体型が変わって目の下がくぼまなくなったということもあるようです。

 

目の下のくぼみ 

 

くぼみを改善するために大食漢になって肥満になってしまうというのは極端ですが、自分の普段の食生活を客観的に見つめてみて、栄養バランスという点から改善できる点を見つけたら積極的に改善してみてください。

 

それが、もしかしたら目元のくぼみや影などトラブル改善につながるかもしれませんし、根本的な解決となる可能性もあります。