美容整形にはたくさんの施術があります

美容整形術にはたくさんの施術があり、それぞれ効果がどのぐらい持続するかという点は異なります。

 

美容整形 

 

目の下のくぼみを解消するための施術でも、施術法によっては効果が3か月程度しか続かないものもあれば、半永久的に維持できるものまで多種多様なのです。

 

例えばヒアルロン酸や脂肪、またPRPと呼ばれる自分自身の血小板を注射で注入する施術の場合、何を入れるかによって効果の持続期間は異なり、ヒアルロン酸なら3ヶ月から6か月程度で体内に吸収されるため、目の下のくぼみは元の状態に戻ってしまいます。

 

効果を持続させたい場合には、このぐらいの周期で定期的に施術を受けなければいけません。

 

脂肪を注入する場合には効果の持続期間は長くなり、短くても1年程度、長ければ3年程度長持ちします。

 

ただし施術直後には目の下が腫れることが多いので、数日間から1週間ぐらいは外出しなくても平気なタイミングで施術を受けることをおすすめします。

 

美容整形 

 

一方、注射タイプの施術の中でもより自然で効果が長持ちする方法は、自分の血液から血小板を抽出して体内に戻してあげるPRP再生療法という施術です。

 

アレルギーの心配や副作用の心配がない上に、より自然な仕上がりになり、効果が長く続く施術として、目の下のくぼみ対策としては人気の美容整形術となっています。

施術を受ける際の注意点

目の下のくぼみを解決する施術方法にはいろいろなものがあり、その中にはメスでまぶたの内側を切開するという施術方法もあります。

 

メスを入れる方法の場合、その効果は半永久的に持続すると考えられていますが、加齢によって皮膚がたるんできたりすると、施術を受けたあとでも将来的に再び目の下がくぼんでしまうということは起こる可能性があります。

 

目の下のくぼみ 

 

これはどんな美容整形術にも共通することなのですが、皮膚はずっと同じ位置に定着しているわけではなく、誰でも加齢によってたるんだり下がってくるものです。

 

そうした時には、再びたるみやくぼみが気になってしまうことはあるので、施術前にはその点はあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

 

もしも施術を検討している人は、医師によく相談して説明を受けたうえで決断してくださいね。


関連ページ

目の下のくぼみにはサーマクールがオススメ
目の下のくぽみを美容整形で治すのに、サーマクールという方法があります。これはメスを使わずにレーザー照射に似たような施術となります。若干痛みは伴いますし、一度の施術で目の下のくぽみが解消するわけではありませんが、ダウンタイムなどが無くオススメです。
目の下のくぼみにヒアルロン注射は効くの?
目の下のくぼみを手っ取り早く解消するには、美容整形でヒアルロン酸を注射してもらうという方法があります。メスを使わないのでリスクの低い解消方法として人気です。ただし、その効果は一生モノではないので、継続して治療を受け続ける必要があります。
目の下のくぼみをPRP療法で治す
目の下のくぼみを美容整形で治す方法の1つにPRP療法があります。PRP療法は自分の血液を採取してその血小板を利用する美容整形です。自分の血液を利用するので副作用の心配がなく、異物でもないので安心です。またメスを使わない施術というのも魅力ですね。
目の下のくぼみに内側からメスを入れる方法
目の下のくぼみを整形するのにできればメスは使いたくないという方が多いと思いますが、実はメスを使った方が綺麗に仕上がると言われています。また、現在はメスをまぶたの裏側から入れるので、見た目に傷は一切残りません、その効果は半永久的だと言われています。
目の下のくぼみを整形!脂肪VSヒアルロン酸
目の下のくぼみを解消する美容整形で、比較的簡単にできるのが脂肪やヒアルロン酸を注入する方法です。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分にはどちらがいいのか条件を比較して選ぶのがよいと思います。脂肪もヒアルロン酸もメスを使わないのがいいですね。