今すぐに目の下のくぼみを改善したい人の選択肢

目の下のくぼみを改善する方法はたくさんあります。

 

目の下のくぼみ 

 

しかし、方法によっては効果が少しずつ現れるために、根治するまでには気が遠くなるほどの時間がかかってしまうことはありますし、改善できたと思っても疲れるとすぐに目の下がくぼんでしまう事にもなりかねません。

 

自分ではなかなか自覚できない目元のトラブルは、見た目が老けて見えてしまうので、今すぐになんとかしたいという人はたくさんいます。

 

そんな人にとって選択肢の一つとなるのが、美容整形による治療です。

 

治療と言っても健康被害が出ているわけではないため、病気やけがの治療のように健康保険が適用することはできません。

 

そのため、治療にかかる費用は全額自己負担になってしまうという点は、あらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

ヒアルロン酸と脂肪注入の違いとは

目の下にくぼみがある場合、美容整形クリニックに行って最初にすすめられるのは、ヒアルロン酸か脂肪を注入するという施術方法です。

 

目の下のくぼみ 

 

プチ整形に分類される方法で、どちらも注射によって注入できるという点は同じなのですが、ヒアルロン酸は1回の施術で3ヶ月〜6ヶ月程度効果が長続きするのに対して、脂肪の場合には1年〜3年とより長期間持続するという違いがあります。

 

また、ヒアルロン酸だと、時間の経過とともに100%が体内に吸収されてしまうので定着することはありません。

 

しかし脂肪の場合には、注入した量の3分の1程度は定着してくれるので、効果がなくなったとしても目の下のくぼみが目立たなくなるというメリットがあります。

 

こまめに施術を受けるのが難しい人なら、脂肪注入を選んだほうが良いのかもしれませんね。

 

もう一つ、術後の肌の状態にも大きな違いがあります。

 

目の下のくぼみ 

 

ヒアルロン酸の場合には、術後には幹部が少し赤くなりますが、翌日には普段通りに戻るので、メイクをして日常生活を送ることができます。

 

しかし脂肪の場合には、施術の後に少し腫れることは多いですし、1週間ぐらいして肌になじむまでは、違和感があったり腫れが気になるということがあります。

 

そのため、施術の後1週間ぐらいは、あまり人に会わずに済むようなタイミングを見つけて施術するという人が多いですね。


関連ページ

目の下のくぼみにはサーマクールがオススメ
目の下のくぽみを美容整形で治すのに、サーマクールという方法があります。これはメスを使わずにレーザー照射に似たような施術となります。若干痛みは伴いますし、一度の施術で目の下のくぽみが改善するわけではありませんが、ダウンタイムなどが無くオススメです。
目の下のくぼみにヒアルロン注射は効くの?
目の下のくぼみを手っ取り早く改善するには、美容整形でヒアルロン酸を注射してもらうという方法があります。メスを使わないのでリスクの低い改善方法として人気です。ただし、その効果は一生モノではないので、継続して治療を受け続ける必要があります。
目の下のくぼみをPRP療法で治す
目の下のくぼみを美容整形で治す方法の1つにPRP療法があります。PRP療法は自分の血液を採取してその血小板を利用する美容整形です。自分の血液を利用するので副作用の心配がなく、異物でもないので安心です。またメスを使わない施術というのも魅力ですね。
目の下のくぼみに内側からメスを入れる方法
目の下のくぼみを整形するのにできればメスは使いたくないという方が多いと思いますが、実はメスを使った方が綺麗に仕上がると言われています。また、現在はメスをまぶたの裏側から入れるので、見た目に傷は一切残りません、その効果は半永久的だと言われています。
目の下のくぼみは美容整形で半永久的に消せる?
目の下のくぼみは美容整形すれば半永久的に改善することができるのでしょうか?それは施術方法にもよります。注入系の施術だと定期的に注入し続けないといけないので、メスを使った方法であれば半永久的な効果を期待できます。ただし加齢によるくぼみは避けられません。