目の下のくぼみに内側からメスを入れて皮膚を平らにする施術

目の下がくぼんでしまうという症状は、その部分の皮膚の表面が平ではないために起こります。

 

目の下のくぼみ 

 

つまり、皮膚の表面を平らにしてあげることができれば、くぼみは目立たなくなるというわけですね。

 

眼の下には眼窩脂肪というものがありますが、大きく分類すると目頭、黒目の下あたり、そして目尻側と3つの分野に分けることができます。

 

通常の場合には、すべての眼窩脂肪グループは脂肪量が同じぐらいなのですが、このうち、黒目の下にある中央部分の眼窩脂肪のみが少なくなってしまうと、その部分の皮膚が凹むため、くぼんで見えてしまうのです。

 

美容整形クリニックでは、この眼窩脂肪の3つのグループが持つ脂肪量を同じぐらいに調整することで、くぼみやクマなどが目立たない目元を再構築することができます。

 

これは、経結膜下脱脂法と呼ばれる術式で、もともと目の下にたくさん脂肪がついていて、部分的に脂肪が少なくなってしまった人に適した美容整形術となります。

 

一方、目の周辺にほとんど脂肪がついていない人の場合には、除去してバランスを図るために十分な脂肪量がないため、経結膜下脱脂法は適用外となります。
 

目の下のくぼみ 

 

まずはカウンセリングを受けたうえで、適切な施術方法を医師に相談しましょう。

目の下のくぼみを改善!傷が残らないようメスは内側から入れます

経結膜下脱脂法では、皮膚にメスを入れて、そこから余分な脂肪を取り除くことによって肌の凹凸を改善し、それがくぼみ治療になるというメカニズムとなります。

目の下のくぼみ 

 

メスを入れるわけですが、皮膚の表面ではなく、下側のまぶたを裏返して、そこから1センチ程度切開した上で施術を行うため、術後に傷跡が見えるということはありませんし、気になる部分に傷跡が残ってしまうという心配もありません。

 

まぶたの裏を切開しますが、術後には抜糸が必要ない糸を使うため、自然に溶けて体内に吸収されていきますし、まぶたの裏が糸玉でゴロゴロするということもありません。

 

この美容整形を受けた後は、傷口への余計な刺激などを避けるために、術後しばらくはコンタクトレンズの使用は控えたほうが良いですが、傷口が自然治癒した後には、それまで通りにコンタクトレンズを装着できるようになるので安心してくださいね。

 

目の下のくぼみ 

 

また、アイメイクに関しても、医師の指示を守って術後1週間ぐらいはあまりハードなメイクはしないほうが良いでしょう。


関連ページ

目の下のくぼみにはサーマクールがオススメ
目の下のくぽみを美容整形で治すのに、サーマクールという方法があります。これはメスを使わずにレーザー照射に似たような施術となります。若干痛みは伴いますし、一度の施術で目の下のくぽみが改善するわけではありませんが、ダウンタイムなどが無くオススメです。
目の下のくぼみにヒアルロン注射は効くの?
目の下のくぼみを手っ取り早く改善するには、美容整形でヒアルロン酸を注射してもらうという方法があります。メスを使わないのでリスクの低い改善方法として人気です。ただし、その効果は一生モノではないので、継続して治療を受け続ける必要があります。
目の下のくぼみをPRP療法で治す
目の下のくぼみを美容整形で治す方法の1つにPRP療法があります。PRP療法は自分の血液を採取してその血小板を利用する美容整形です。自分の血液を利用するので副作用の心配がなく、異物でもないので安心です。またメスを使わない施術というのも魅力ですね。
目の下のくぼみを整形!脂肪VSヒアルロン酸
目の下のくぼみを改善する美容整形で、比較的簡単にできるのが脂肪やヒアルロン酸を注入する方法です。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分にはどちらがいいのか条件を比較して選ぶのがよいと思います。脂肪もヒアルロン酸もメスを使わないのがいいですね。
目の下のくぼみは美容整形で半永久的に消せる?
目の下のくぼみは美容整形すれば半永久的に改善することができるのでしょうか?それは施術方法にもよります。注入系の施術だと定期的に注入し続けないといけないので、メスを使った方法であれば半永久的な効果を期待できます。ただし加齢によるくぼみは避けられません。