サーマクールは皮膚のたるみ改善に人気の施術

目の下がくぼんでしまう原因の一つに、皮膚のたるみがあります。

 

目の下のくぼみ 

 

一つ一つの肌細胞が弾力やハリをなくしてしまうと、肌はたるみやすくなりますし、それが目の下にくぼみを作ってしまう事があるのです。

 

肌細胞にハリや弾力を与えるためには、コラーゲンなどが配合されたスキンケア商品を使う方法がありますが、スキンケアは肌の表面の浅い部分までしか有効成分が入りません。

 

肌の皮下組織よりも深い角質層や真皮層というレベルに有効成分を与えたいなら、スキンケアではなくて美容整形に行って美容機器を使った施術の方が、大きな効果を得ることができます。

 

美容整形で受けることができる施術にはいろいろなものがありますが、その中でもメスなどを使わない施術方法として人気があるのが、サーマクールです。

 

サーマクール 

 

これは、レーザー照射では届かない皮下組織に熱を加えることによって脂肪やコラーゲンなどの成分をギュッと縮小し、それによって肌のたるみを改善してくれるというメカニズムの施術です。

 

メスを使わない美容整形術というと、レーザー照射などが良く知られていますが、たるんでいる肌を引き締めるという点では、サーマクールを使って一つ一つのたるんだ細胞をギュッと引き締めて小さくすることによって、肌全体が引き締まって見えるという施術の方が、少ない回数でも大きな効果につながります。

目の下のくぼみが改善できるサーマクールは痛い?

美容整形クリニックによって、導入しているサーマクール機器は異なります。

 

全身にも使えるタイプのものと目元専用のものとがありますが、目の下のくぼみ改善のためには目元専用のものが良いでしょう。

 

目の下のくぼみ 

 

改善方法ではなくて予防法として使うなら、顔全体にサーマクールを施術してもらえば、お肌が引き締まってエイジングケア効果につながりそうですね。

 

このサーマクールという施術ですが、ムダ毛脱毛の際に行うレーザー照射と基本的にはそれほど変わらない施術方法となります。

 

皮下組織に熱を加えるため、火傷リスク軽減と痛み軽減の目的で、照射する瞬間に冷却ガスが吹き付けられます。

 

完全無痛というわけではありませんが、我慢できる痛みですし、照射出力は調整できるので、我慢できるギリギリの出力で施術を受けることが、短期間で目の下のくぼみを改善するコツと言えます。


関連ページ

目の下のくぼみにヒアルロン注射は効くの?
目の下のくぼみを手っ取り早く改善するには、美容整形でヒアルロン酸を注射してもらうという方法があります。メスを使わないのでリスクの低い改善方法として人気です。ただし、その効果は一生モノではないので、継続して治療を受け続ける必要があります。
目の下のくぼみをPRP療法で治す
目の下のくぼみを美容整形で治す方法の1つにPRP療法があります。PRP療法は自分の血液を採取してその血小板を利用する美容整形です。自分の血液を利用するので副作用の心配がなく、異物でもないので安心です。またメスを使わない施術というのも魅力ですね。
目の下のくぼみに内側からメスを入れる方法
目の下のくぼみを整形するのにできればメスは使いたくないという方が多いと思いますが、実はメスを使った方が綺麗に仕上がると言われています。また、現在はメスをまぶたの裏側から入れるので、見た目に傷は一切残りません、その効果は半永久的だと言われています。
目の下のくぼみを整形!脂肪VSヒアルロン酸
目の下のくぼみを改善する美容整形で、比較的簡単にできるのが脂肪やヒアルロン酸を注入する方法です。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分にはどちらがいいのか条件を比較して選ぶのがよいと思います。脂肪もヒアルロン酸もメスを使わないのがいいですね。
目の下のくぼみは美容整形で半永久的に消せる?
目の下のくぼみは美容整形すれば半永久的に改善することができるのでしょうか?それは施術方法にもよります。注入系の施術だと定期的に注入し続けないといけないので、メスを使った方法であれば半永久的な効果を期待できます。ただし加齢によるくぼみは避けられません。