目の下のくぼみに影響する表情筋とは?

目の下のくぼみができる原因にはいろいろなものがありますが、年齢による老化現象によって目元の皮膚がたるむことが直接的な原因となってしまう人は多いものです。

 

目の下のくぼみ 

 

皮膚がたるむというのは、肌細胞の一つ一つのハリや弾力がなくなったり、水分量が減ってシワシワになってしまうなど、細胞自身に原因がある場合もあれば、肌をしたから支えている土台の役割りをしている筋肉に原因がある場合もあります。

 

筋肉も年齢を重ねることによって老化し、筋量が低下してしまいます。

 

顔の皮膚を支えているのは表情筋と呼ばれる筋肉で、笑ったり表情を作る際には無意識のうちに使っている筋肉ですね。

 

この表情筋が筋力低下すると、その上の皮膚を支えきれなくなり、重力に負けて皮膚が下に垂れてしまいます。

 

しかし表情筋をトレーニングして鍛えてあげることによって、皮膚が若い頃と同じ位置もしくは近い位置に維持できるので、皮膚がたるみにくく、くぼみの予防法となります。

目の下がくぼまないように表情筋を鍛える方法とは?

表情筋を鍛える方法はたくさんあります。

 

その中でも、目の下のくぼみ予防法としても使える方法なら、くぼみを改善しながら肌全体を引き上げることができ、見た目をグンと若くすることができます。

 

目の下のくぼみ 

 

まさに一石二鳥のトレーニングなのです。

 

具体的な方法をご紹介しましょう。

 

下まぶたという部分には眼輪筋があり、普段はあまり意識して使うことがないため、眼輪筋をピンポイントでトレーニングすると言っても、どんな動きをすれば良いのか分からない人はたくさんいます。

 

しかし、一度方法を覚えるととても簡単にトレーニングできますし、場所も時間も取らず、何かをしながらでもできるので、一日何回でもトレーニングして短期間で目の下のくぼみをスッキリと改善できます。

 

方法は「目を閉じる」という行動をするだけなのですが、ただ眼を閉じるのではなく、下まぶたを使って目を閉じるという方法を行います。

 

まず、目を細めるような表情を作ってみてください。

 

目の下のくぼみ 

 

眼を細める際には、下まぶたの筋肉を使います。この動きで下まぶたを使って目を開けたり閉じたりの作業を20回~30回ぐらいリピートしましょう。

 

続けているうちに、目の下が疲れてくるはずです。

 

疲れを感じるということは、筋肉を鍛えているということなので、予防法としては正しくできているということになります。