目の下のくぼみの原因?ブルーライトって何?

ブルーライトは、パソコンやスマホ、テレビなどの電子機器から発生する青い光のことなのですが、私たちの目に青い光が見えるというわけではありません。

 

目の下のくぼみ 

 

そのため、ブルーライトを浴びていてもまったく気づかないことは多いのです。

 

しかし、長時間パソコンやスマホを使うとなんとなく肩が凝るなという人や、パソコンやスマホのやりすぎで頭が痛いとか目がショボショボするという人は、もしかしたらブルーライトによって眼精疲労や筋肉のコリが生じているのかもしれません。

 

肩や背中が凝ってしまったり、眼精疲労になると、目の下にはくっきりとくぼみが現れたりクマのような影ができてしまいますし、放置するとどんどん目の下のくぼみが進行して、見た目が老けてしまいます。

 

ブルーライトは、パソコンやスマホ、テレビなどの画面がオンになっている限りは発生している光なので、止めることはできません。 

 

しかし、仕事などで使っている人にとっては、目の下がくぼみやすいからとか人体に悪影響だからと言って使わないわけにはいきませんよね。

 

眼精疲労 

 

そこでおすすめなのが、ブルーライトを遮断してくれる便利アイテムを使った予防法です。

 

パソコンアイテムとかスマホアイテムとして販売されているものがたくさんありますし、スクリーンに取り付けるタイプや、眼鏡のように私たちがかけて使うタイプもあるので、使いやすさやライフスタイルなどに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ブルーライトを遮断することによって、眼精疲労や筋肉のコリの原因を大幅にカットできるので、目の下のくぼみは起こりにくくなりますし、予防策としても有効です。

目の下にくぼみを作らない!ブルーライトと上手く付き合う方法とは

私達の中には、一日に何時間もパソコンやスマホを使うという人は多いですし、趣味や仕事など、目的や用途は多種多様です。

 

私達の生活を豊かにしてくれるこれらの電子製品は、これからの人生においても使う頻度は増えることが考えられるので、ブルーライトと上手に付き合って目の下をくぼませない予防法を知っておくことは、これからの自分自身にとっては大切なポイントと言えるでしょう。

 

 

まず、ガジェットを使う際には必ず眼鏡を着用しましょう。

 

パソコンの場合には画面に装着するフィルターがあるので、それを使えば眼鏡は必要ありません。

 

また、眼鏡をかけていても目が疲れてきたら、目薬を差すとかホットタオルで血行を良くするなど、眼精疲労の回復に努めることも必要です。