今すぐに目の下のくぼみをカバーしたい時におすすめのアイテム

眼鏡というアイテムは、視力を矯正するという医療効果があるだけでなく、目元のトラブルをサッとカバーできるという効果も持っています。

 

目の下のくぼみ 

 

確かに、眼鏡をかけていなければ、他人と近距離でコミュニケーションをする時には他人の視線は目元に行きやすいものですが、眼鏡をかけていると、レンズがフィルターの役割りを果たしてくれるので、目元にクマがあるとか目の下がくぼんでいるなどのトラブルは目立たなくなりますよね。

 

眼鏡をかけるという行為が、目の下のくぼみを根本的に改善してくれるというわけではありませんが、今すぐに目の下がくぼんでいるのを何とか隠したいという時には、持っているととても重宝するアイテムになってくれます。

目の下のくぼみをカバーできるレンズの形とは?

眼鏡と言ってもいろいろな形やデザインがあります。

 

眼鏡 

 

アイテムを選ぶ際には、自分の顔にかけてみて自然なフィット感を得られるという点が大前提となりますが、レンズの形によっては目の下のくぼみなどのトラブルをスッキリカバーできるスタイルがあるので、トラブルを起こしやすい人は万が一のために持っていると安心ですね。

 

まずレンズの形ですが、スクエア型かオーバル型を選ぶようにしましょう。

 

スクエア型は顔の表情をはっきりと見せたい時に有効なデザインで、オーバル型は優しい表情に見せることができます。

 

この二つの形は、目の周囲を大きく囲むようなデザインになっているものが多いので、目の下がくぼんでいる時にも目立たなくカバーできます。

目の下のくぼみをカバーできるフレームの色とは?

眼鏡のフレームの色を工夫することもまた、くぼみをカバーする対策となります。

 

眼鏡 

 

社会人がフレームを選ぶ際には、黒とか茶色など無難な色を選ぶことが多いのですが、暗い色だと目元が暗く見えてしまうため、くぼみが強調されやすくなってしまいます。

 

目立たなくするという意味では、ホワイトとかオレンジ、イエローなど明るい色がおすすめですね。

 

ただし、普段使いする時にオレンジやイエローなどのフレームだと恥ずかしいという人なら、明るめのブラウンを選ぶという方法が良いでしょう。

 

眼鏡をかけることによって根本的な目の下のトラブルを改善することはできませんが、鏡を見た時にくぼんでいることを自覚した時には、サッとかけるだけで目立たなくしてくれる眼鏡は、くぼみやすい人にとっては携帯すると便利なアイテムではないでしょうか。