スキルは必要だけれど目の下のくぼみを隠せます

ニキビ跡とかシミなど、肌表面のトラブル、特に色素系のトラブルなら、根本的な改善策にはならなくても、とりあえずコンシーラーで隠すことができます。

 

目の下のくぼみ 

 

このメイクアイテムはファンデーションの種類によって、ファンデーションの前に使うか後に使うかが異なりますが、基本的にはファンデーションとセットで使うのが一般的ですね。

 

目の下のくぼみは血行不良などが原因だったり肌のたるみなどが原因なので、シミを隠すようなつもりでコンシーラーを使ってもなかなか上手に隠すことはできません。

 

しかし、テクニックを駆使して何回も練習を重ねればうまく隠すスキルを習得できるので、もしも目の下のくぼみが気になる時のためにマスターしておくと良いかもしれませんね。

目の下のくぼみを隠すならまずは基礎化粧品から

目の下のくぼみを隠す際には、まずは化粧水、美容液、保湿液と基本的な基礎化粧品をきちんと使って、肌にたっぷり水分補給や栄養補給をする事から始めましょう。

 

目の下のくぼみ 

 

肌が乾燥している状態の所にファンデーションやコンシーラーを使っても、うまくくぼみを隠すことはできません。

 

肌の状態を良くしたうえで使うことが基本となります。

 

まず、コンシーラーを使う前に、ファンデーションの下地を塗ったうえでリキッドファンデを載せていきます。

 

リキッドファンデを使う時には下地は塗らないという女子は多いのですが、下地を使うことによってファンデーションがよりフィットしますし、メイク崩れを防いでくれます。

 

目の下のくぼみ 

 

この下地選びですが、目の下のくぼみの改善のためには、パールが入ったキラキラした感じのものを選ぶのが良いでしょう。

 

下地の次にはリキッドファンデーションを載せていきます。

 

厚塗りにしても目の下のくぼみは隠すことはできないので、普段通りに軽く薄付きでOKです。

 

ファンデーションの後にコンシーラーを使っていきますが、まずファンデーションの後には肌を軽くティッシュオフして余計な脂を取ったうえで使うのがおすすめです。

 

目の下のくぼみ 

 

商品の選び方は、ファンデーションよりもトーンが明るめのものを選ぶという点と、できれば顔全体用ではなくて目元用のものを選んだほうが、満足度の高い仕上がりになります。

 

最後にハイライトでしっかりと凹凸を出せば、くぼんだ部分をカバーできますよ。