目の下のくぼみだけじゃない!紫外線は肌トラブルの原因

肌は紫外線を浴びると、細胞内の水分が蒸発するので乾燥しますし、肌にとっては紫外線が刺激となって活性酸素を作ったり、体を外の刺激から守るためにメラニン色素を作り出すなど、肌にとっても健康にとってもマイナスの影響があります。

 

紫外線 

 

目の下のくぼみも日差しを浴びることによってよりはっきりと表れやすくなりますし、目立ちやすくなってしまう事が多いので気を付けなければいけません。

 

紫外線を防ぐためには、普段メイクをする段階で日焼け止めを使う方法がおすすめですが、それだけでは十分ではありません。

 

日差しの強い季節だと、外出するだけでも肌が乾燥してしまうので、普段からいつでも保湿ケアができるようにミストタイプの化粧水を携帯したり、室内の空気が乾燥しないように、加湿器を使うという方法も検討しましょう。

 

また、直射日光をダイレクトに浴びなくても、光を感じるだけでも肌は紫外線による影響を受けています。

 

紫外線 

 

そのため、日傘をさしたりサングラスをかけたりして、できるだけ浴びないように心がけることも必要ですね。

うっかり紫外線を浴びたらどうする?

紫外線を浴びたまま放置していると、皮膚が薄くて皮脂分泌が少ない目の下は、どんどん乾燥してくぼみがひどくなってしまいます。

 

目の下のくぼみ 

 

そのため、もしもうっかり日に当たって肌が乾燥したり日焼けしたかもしれないな、なんていう時には、ヒアルロン酸やセラミドなど高い保湿作用を持つ美容成分をたっぷりと肌にのせて水分補給をしてあげてください。

 

その場合には、化粧水や美容液、乳液などよりも、シートパックなどを使った集中ケアをするのがおすすめです。

 

また、紫外線を浴びると肌の内側でメラニン色素が生成されるため、色素沈着などが起こりやすくなってしまいます。

 

目の下がくぼみやすいからと言って、目の下だけに色素沈着するというわけではありませんが、将来的には嫌なシミになったり目元がドンヨリとくすんでしまう原因となってしまうリスクがあります。

 

目の下のくぼみ 

 

そのため、紫外線が強くなる季節には、普段から美白ケアを心がけることも良いでしょう。

 

美白ケアや保湿ケアは、スキンケアを使っても良いですし、サプリメントを利用する方法も効果的ですよ。