目の下のくぼみもできちゃう!?ストレスは万病の元

「風邪は万病の元」と言いますが、近年ではストレスが国民病の一つとなっていて、ストレスによってあらゆる疾患が引き起こされることが分かっています。

 

ストレス 

 

そのため、ストレスは万病の元と言われることが増えていますね。

 

ストレスを感じると私たちの体内には活性酸素が大量に作られますし、自律神経がバランスを崩しやすくなってしまいます。

 

自律神経はあらゆる機能をコントロールしている管制塔のような役割を担っているため、ここがバランスを崩すことによって全身にあらゆるトラブルが起こりやすくなるのです。

 

目の下のくぼみがストレスによってどのように引き起こされるかというと、ストレスを感じると血液中に活性酸素の量が増えて、サラサラであるはずの血液がドロドロしたヘドロのような状態になってしまいます。

 

目の下のくぼみ 

 

すると、目の周辺に通っている毛細血管まで新鮮な血液が届けられにくくなってしまうのです。

 

そうすると、目の周囲の筋肉は硬く凝りやすくなりますし、血行不良になって目の下にはどす黒いクマがあらわれたり、皮膚がハリや弾力、元気をなくしてくぼんでしまう原因となります。

ストレスフリーが目の下のくぼみフリーへの最短コース

目の下のくぼみを何とかしたい時には、日常生活の中でできるだけ身体的にも精神的にもストレスを感じないような生活を心がけることが必要です。

 

目の下のくぼみ 

 

イライラしたり精神的にストレスを感じるだけでなく、一日中仕事をして疲れたなというのも体にとっては同じストレスとなるので、できるだけストレスを体内に溜めないような工夫と努力が必要ですね。

 

ストレス解消となる趣味や特技を持っている人なら、日常的に1日5分でも良いので実践すると、ストレスレベルを低下させることができますし、趣味や好きなことがないという人なら、毎日しっかりと睡眠時間を確保したり、お風呂に入ってホッとするだけでも、ストレス解消効果は期待できます。

 

目の下のくぼみ 

 

こうしたストレス対策は、間接的に目の下のくぼみ対策にもなるので、毎日続けることでくぼみにくい目元を作ることができるでしょう。

 

また、目の下がくぼんでしまった時には、ホットタオルなどで目元の血行促進した上で、湯船に入って目を閉じてリラックスしたり、早めに就寝できれば、翌日にはすっきりとした目元に戻っているはずです。