目の下を温めることで血行促進効果

目の下がくぼんでしまう原因の一つに、血行不良があげられます。

 

目の下のくぼみ 

 

目元は皮膚が薄いため、血行が少し悪くなると、どす黒く沈着した血液が皮膚から透けて黒く見えてしまいます。

 

これが、くぼみのサインなのですが、血行が悪くなることによって目元の細胞に新鮮な酸素や栄養成分が届きづらくなってしまうため、細胞の状態が悪化してくぼみやすくなってしまいます。

 

血行を良くする方法にはいろいろな方法がありますが、その中でも簡単にできて皮膚にダメージを与えない方法といえば、蒸しタオルなどで温めるなど、「温める」という方法ですね。

 

目元にトラブルを抱えやすい人なら知っているととても便利な方法で、くぼみはもちろん、疲れ目を改善したり、目元にクマができやすい人にも効果が期待できます。

目の下のくぼみはどんな風に温めたら良いの?

目の下は皮膚が薄い部分なので、温める際にはできるだけ皮膚に負担がかからない方法で行わなければいけません。

 

マッサージクリームを使ってマッサージをするという方法でも良いのですが、もっと簡単で皮膚への負担がかからない方法があります。

 

目の下のくぼみ 

 

それが、蒸しタオルを使うという方法ですね。

 

蒸しタオルは、熱めのものを使うのが良いのですが、お湯でタオルを絞るという作業は考えているよりも熱いものです。

 

そこで、ぬるま湯ぐらいの温度であらかじめ作ったおしぼりを、電子レンジの中に入れて30秒~1分程度チンして温めてあげましょう。

 

熱くて手で持てないほどの高温になってしまうと火傷のリスクが高くなるのでNGですし、目元に置いた時にも熱くて耐えられませんよね。

 

手で持った時に「あったかくて気持ちよい」と感じるぐらいの温度がおすすめです。

 

この熱めのおしぼりを、閉じた目の上に置き、30秒ほどそのままじっとします。

 

目の下のくぼみ 

 

タオルの上から押したりマッサージをする必要はありません。

 

タオルの熱によって血行が良くなるので、目の下のくぼみに対しても改善効果が期待できます。

 

このタオルを使って温める改善方法は、1日1回と言わずに何回でも行うことができますし、1回のお手入れで電子レンジにタオルを入れたり出したりしながら3回~5回リピートするという方法もアリです。