目の下のくぼみはどうしてできるの?これって老化現象!?

目の下にしわができたり、皮膚がたるんでくることがありますが、もっと酷くなってしまうと目の下にくぼみができることがあります。

 

目の下のくぼみ 

 

メイクで隠すのも難しいですし、何より「老け顔」に見えてしまうという残念な現象ですね☆

 

クマだったらコンシーラーなどを上手に使えば隠すこともできますが、目の下にくぼみができると完璧にカバーすることはできません。

 

また、ファンデーションを厚塗りにしてしまうと、時間の経過と共にくぼみ部分にファンデが溜まってくるということも!

 

これってやっぱり目元の老化現象なんでしょうか?

 

目の下のくぼみ 

 

目の下のくぼみは目の周りの脂肪が減ってしまうことと、目の下のお肌がたるんでしまうことが主な原因だと言われています。

 

年を取ると体に脂肪がつきそうな気がしますけれど、目の周りの眼窩脂肪は減っていく傾向があります。

 

そして、眼窩脂肪を支えている眼輪筋という目元の筋肉も衰えていくことから、眼球自体支えているのが困難になってくるんですね。

 

重力に逆らえず、色々なものが下がってくることから目の下のくぼみは発生してしまうわけです。

 

確かに目の下のくぼみは老化現象の1つと言えるでしょう。

 

 

目の下のくぼみは自分では治せないの?効果的な方法とは?

 

目の下のくぼみ

では、目の下にくぼみができてしまったら「老化現象」としてあきらめるしかないのでしょうか?

 

いえいえ!そんなことはありません!

 

落ちてしまった筋力は筋トレで取り戻せるように、眼輪筋だって鍛えることができるんです!

 

減ってしまった眼窩脂肪も、マッサージなどで血行を促進したり、コラーゲンやヒアルロン酸などをプラスしていくことで取り戻すことが可能です。

 

目の下のたるみも個人差はありますが、お手入れ次第で引き締めていくことができるので、諦めるのはまだ早いですよ!

 

要するに衰えてきた部分を補っていけば、いくらでもお肌の老化を遅らせることはできるので、目の下のくぼみだって早目にケアしていけば取り返しが効くんです。

 

目の下のくぼみ

もちろん簡単なことではありませんし、日々努力していかなくてはいけませんが、あきらめなければお肌はきっと応えてくれますよ♪

 

自分ではどうしてもケアできない…という方は、エステサロンに通ったり専門家である美容整形の手を借りるという手段もあります。

 

セルフケアに比べると費用は格段に掛かってしまいますが、それでも確実性の高い方法です。

 

どちらを選ぶかは自分次第!

 

ただ、専門医に任せるにしても日々、自分でする最低限のケアは欠かしたらダメですよ。

 

 

目の下のくぼみは予防が肝心!若いからって油断は禁物!

 

「目の下にくぼみができるのは歳だから仕方がない」

 

頭では分かっていても、いざ自分が40代になった時にあきらめがつきますか?

 

目の下のくぼみ 

 

私は自分が40代になって感じましたが、自分の想像よりかなり気持ちは若いままなんです☆

 

そして驚くほど同世代にはキレイに年を重ねている女性が多いんです!

 

つまり自分だけが老け顔になってしまった時の恐怖がハンパないということなんですね^^;

 

30代からしっかりと目元のケアをしていた人は、目の下だってくぼんでなんかいませんよ!

 

若い頃から地道にアイクリームでケアしたり、必要な美容成分をサプリメントで補給したり、美顔器でマッサージしたり…。

 

みなさん意外と地味な努力を惜しんでいないんですね。

 

40代で見た目年齢に差がつくと、50代では恐ろしいくらい差が開いてしまいます。

 

でも、まだ間に合います!

 

目の下のくぼみに気がついた時からでも、しっかりケアしていけばまだまだ取り返しはききます。

 

目の下のくぼみ 

 

100歳まで生きる時代が近づいてきているので、50歳で老け顔になっていたら人生の約半分は年寄りで過ごさなくてはいけません。

 

若々しい時間を長く保つには、ちょっとの努力が大きく影響します。

 

あなたも今日から目の下がくぼまないようにケアしてみませんか?

 

目の下のくぼみ予防には色々な方法があるので、私が調べた限りのやり方をご紹介します。

 

キレイな目元を保つ手助けになれば幸いです♪